年賀状・そして最後の便り

思いだす遠い遠い昔のこと


一昨年、スクリ−ンのように描かれた年賀状が知人から届いた

入院、施術、そして家族が喜ぶ顔、そしてリハビリのようす

去年の年賀状、元気になったとの便り

そして今年、11月になくなったとの家族からの知らせ

あぁ〜と・・・言葉にならない。


うん十年の前の遠い遠い昔の事を思いだした

家は道路沿いのせいかよく人が立ち寄った

夜中におお〜いといいながら戸をドンドン

誰だこんな夜中にと外をみたら二人の友が

干し魚をもってご飯たべにきた〜ってにこにこ笑って

おお〜入れ入れ、急ぎご飯したくして

そのあとは、もう遅いから泊まっていけよ

狭い家に川の字にごろ寝して

今はそれぞれ違う道に、あまりあうこともなく元気だよの変わりに年賀状を


あぁ〜なんかぁ〜なんかぁ〜寂しいなぁ〜

この掲載物についてのお問合わせはinfo@irodoriseiki21.comまで。